紫外線

【紫外線】塗るだけではNGです

紫外線を防止する対策が必要な理由

1年のうちで紫外線への防止対策が必要なのはいつ頃だと思われますか。
最も紫外線に注意をしたいシーズンといえば5月から9月にかけてとなりますが、それ以外の月でも、例えば4月は既に冬より紫外線が強烈になっています。

紫外線_サングラス

紫外線に対して肌が弱いという人は、天気のよくない日でも、冬のさなかでも、紫外線対策が大事です。

紫外線対策を行う時には、対策を怠っていると具体的にどのような害が体に及ぼすのかを理解しておくことが大切です。
紫外線は、皮膚の日焼けの原因になります。

紫外線

日焼けが肌に及ぼす悪影響を理解する人は大勢います。
しかし、日焼けそのものは、体内に過剰に紫外線が入って来ないようにするための体の防御反応によるものなので、決して悪いことではありません。
世間で紫外線防止が声高に言われているのは、紫外線が日焼け以外にも体にいろいろな影響を及ぼすからです。

日焼け

紫外線による刺激を受けた肌は、皮膚がんにかかるリスクが高くなるといいます。
人体は、もともと壊れた部位を直す働きを持っていますので、多少のダメージ程度なら元通りにすることができます。
ですが、浴びる紫外線の量があまりに多いと修復が追いつかず、傷ついた細胞によって作られた皮膚ががんの元になる可能性があるのです。

 

皮膚がんにならないようにするには、紫外線から肌を守ることが大事になってきます。
肌の美容や健康のためにも、常日頃から紫外線の対策を怠らないようにしておきましょう。

紫外線対策

紫外線から肌を守る効果的な方法とは

紫外線が肌に及ぼす影響は、夏の盛りや天気のいい日に限らず、寒い日や曇りの日も注意が必要です。

屋根のない場所にいく日は、太陽の光が差していない日でも、紫外線対策は講じましょう。

紫外線
多くの人が紫外線対策として実践していることが、日傘やひよけ帽子の使用、日焼け止めクリームの活用などのようです。
紫外線を防ぐ服を着たり、日焼けから肌を守るサプリメントを摂取するといった方法もあります。

強い紫外線

けれども、こういった方法をとったからといって完全には紫外線は防ぐことはできません。

より紫外線対策の効果を高めたい場合は、様々な方法を実践してみましょう。
体の内と外で、紫外線の影響を遮る対策をとるためにも、サプリメントの使用と、日焼けどめクリームの使用との、両方を実践すると紫外線から肌を守っていられます。

紫外線

日焼けを防ぐために、市販の日焼け止めクリームをつける場合は、紫外線をカットする効果が何時間続くかをチェックして、塗り直さないと、日焼けしてしまいます。

日頃からサプリメントを摂取することで、日焼け止めクリームの効果が続かない場合もフォローがききます。
サプリメントを飲んでいれば、ずっと日焼けどめの効果は得られますので、日焼け止めクリームの働きを助けてくれるでしょう。

 

ありがとう

関連記事

酸化してませんか?あなたの身体 エイジングケアや老化を調べると「抗酸化」ワードを多く見かけますよね。抗酸化とは活性酸素で身体の中を錆びつかせないことです。 体内で増えた活性酸素を除くことでがんや生活習慣病などの予防になるとも言われてい[…]

モンゴリアンベリー

紫外線
最新情報をチェックしよう!

その他の最新記事8件

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG