コラーゲン

コラーゲンの基礎

【重要】コラーゲンを生成する

年をとると肌のたるみが気になるようになりますが、たるみを解消するには、エラスチンコラーゲンなどの成分が鍵を握ります。
コラーゲンやエラスチンは加齢に伴い減少しますが、間違ったスキンケアや紫外線なども、減少させてしまう原因です。

コラーゲン

コラーゲンが少なくなると肌は弾力を維持することが難しくなり、自重で垂れ下がり、たるみが目立ち始めます。
真皮層で生成されるコラーゲンやエラスチンを多くすることが、たるみ対策になります。

コラーゲンは体の中でつくられるものであり、そのための原材料が大事です。

コラーゲン

たるみ対策には、コラーゲンを生成するために必要な主要成分である、鉄分、ビタミンC、たんぱく質の摂取が重要になります。
一口に鉄といっても、動物性のヘム鉄のほうが、植物性の非ヘム鉄よりも、体内に吸収しやすいと言われています。

非ヘム鉄もビタミンCと一緒に摂取をすると吸収がよくなるので、食材選びにも気を配りましょう。
たんぱく質は皮膚の材料にもなる栄養成分であり、皮膚のたるみだけでなく、美肌効果を高めるためにも大事な成分です。

タンパク質

ダイエットを意識して食事の量を減らしていると、たんぱく質が欠乏することがあります。

美肌に役立つ成分として知られているビタミンCは、高い抗酸化作用を持っており、肌を老化から守る働きを持っていると言われています。

化粧水や乳液を使って肌を外側からケアすることも重要ですが、食事に気を使うこともたるみのない肌づくりの基本になります。

タンパク質

コラーゲンサプリメントの注意点

サプリメントでコラーゲンを盛んに取り入れている人がいますが、コラーゲンは体への悪影響はないのでしょうか。
コラーゲン自体には副作用はありませんが、コラーゲンをサプリメントなどで急激に摂取することで、身体的なトラブルが発生することがあります。

コラーゲン

体内でコラーゲンが急に増えると、それに反応して細胞が非常事態を発令する場合があり、それが肌の湿疹として出ることがあります。

唐突に過剰に摂取して体に負担がかからないように、コラーゲンサプリメントは段階的に量を多くしていくようにします。

コラーゲンだけが増えても細胞は分解や吸収ができないという特徴があります。コラーゲンを分解するにはビタミンCやビタミンA、亜鉛などの栄養素が必要です。

ビタミンC

その影響で大量の発汗や湿疹、吐き気などが起きることがあります。ビタミンサプリメントや果物を摂ることによって、コラーゲン吸収に役立つ成分を取り入れましょう。

コラーゲンとはタンパク質の一種なので、分解されないままでは体内に貯め込まれてしまいます
上質なコラーゲンは、質が落ちないように処理されていますが、あまり質がよろしくないコラーゲンは加工の過程で質が劣化していることもあるようです。

コラーゲン

質の悪くなったコラーゲンが変質したままで体の中に残っていると、体は異物扱いしたまま吸収できずに体内に据えおくようになり、アレルギーの原因になったりします。

コラーゲンサプリメントを摂取する場合にはいくつか注意点があります。
あらかじめ注意点をチェックした上で、コラーゲンサプリメントを使いましょう。

【まとめ】コラーゲンのポイント

◆肌のたるみ対策にコラーゲン

コラーゲンは加齢で減少する。少なくなると肌の弾力が維持できなくなりたるみが目立つ
紫外線や間違ったスキンケアでも減少してしまう

コラーゲンは体内で生成される。鉄分、ビタミンC、たんぱく質を摂取

ダイエットでたんぱく質を減らすとコラーゲン生成に影響が出る場合も

◆サプリでコラーゲン摂取の注意点

コラーゲン自体には副作用はないが急激な摂取で湿疹が出る場合もある

コラーゲンだけが増えても分解や吸収がされないのでビタミンCやA、亜鉛も摂取する

質の悪いコラーゲンが分解されないまま体内に残るととアレルギーの原因となる可能性がある

ありがとう
関連記事

簡単 デトックスダイエット 近年、ダイエットの手段としてデトックスが注目されています。水を飲むことでダイエットになるというものです。 デトックスダイエットは、水さえ飲めば何でもいいというものではなくて、適切な水の摂取方法があ[…]

デトックスとサプリ
コラーゲン
最新情報をチェックしよう!

その他の最新記事8件

>最強のWordPressテーマ「THE THOR」

最強のWordPressテーマ「THE THOR」

本当にブロガーさんやアフィリエイターさんのためになる日本一のテーマにしたいと思っていますので、些細なことでも気が付いたのであればご報告いただけると幸いです。ご要望も、バグ報告も喜んで承っております!

CTR IMG